労働衛生コンサルタント・産業医 織田 進 Susumu Oda, M.D.

福岡県の労働衛生コンサルタント・産業医 織田 進です。

お気軽にお問い合わせください
 お知らせ

福岡県在住、労働衛生コンサルタント、医師・日本医師会認定産業医の織田進です。

私は25年間、産業医科大学で臨床、産業医学について学び、その後14年間福岡産業保健総合支援センターの所長として産業保健活動の支援に努力してきました。

現在は同センターにて産業医・産業保健アドバイザーとして活動しています。

今年は、東京オリンピックが開催され、日本は躍動の年になるはずでした。しかし、コロナウイルス感染症の全世界での流行により、オリンピックは1年延期となり、経済活動にまでおおきな打撃を受けています。

一方で日本の医療費は42兆円を超え2年連続最高額を更新しています。

日本の出生率の低下(1.42)による労働者人口の減少、それに伴い定年延長、さらには労働者の高齢化により疾病を持ちながら働く労働者が増加していることが理由であろうと考えます。

医療費の高騰、健康寿命の延伸等、さらには、コロナウイルス感染症では、糖尿病、循環器疾患などがあると致死率が高くなります。これらの課題を解決するために、個人が主体的にできる健康づくりの仕組み(PHR: Personal Health Record)に取り組んでいます(PHR協会)。

 織田 進の自己紹介

Copyright© 労働衛生コンサルタント・産業医 織田 進 Susumu Oda, M.D. , 2020 All Rights Reserved.